発見にかかる費用
発見器構造

企業や個人宅での情報漏洩として、盗聴器による情報漏洩が多くなってきている。
最近では、盗聴器の小型化や精密化が進み、盗聴器発見は防犯対策としても重要なものとなってきている。
個人宅においては、プライバシーが侵害されるなどの問題があるが、企業においては、業務上の重要な情報の漏えいや信用にも傷が付く可能性があり、防犯対策としても重要になっている。
特に企業では、盗聴器による情報漏洩により、企業経営の方針が漏えいしたり、研究情報の漏えいなど重要な情報が漏れる可能性がある。
さらに、それらを悪用し企業恐喝などを行われる可能性がり、企業の運営に大きな問題を与えかねない状況となる。
これらの盗聴器発見について、個人や会社内部の人材だけででそれを発見するのには敷居が高くなっている。
その為、業者に依頼して専門の機器を用いて盗聴器発見を行ってもらうことが最も有効な手段となっている。
盗聴器発見を行う業者としては、それを専門に扱う業者や、最近では警備会社が防犯対策の1つとして、それらを行っている会社も多くなっている。
これらの盗聴器発見の必要については、個人であるか企業であるかや、その場所の広さなどによってもかかる費用は異なってくるが、一般的には数万円程度となっている場合が多くなっている。
また、簡易調査後に本調査を行ってもらうという方法もあり、この場合では簡易調査では低額で調査を行ってもらうことも可能となっている。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031